冬の日の星空凛と冴えかえり身軽な君を吸い込んでいく

 

まきぱなあたりの視点を想定して読むとちょっとエモいかも。

フルネームを違和感なく丸ごとぶち込めるのは何といっても彼女の強さ。